IKEAの特徴について

鮮やかな青と黄色がトレードマークのIKEAは、日本の主要な都市で店舗を展開するスウェーデンからやってきた、家具やキッチンバス用品などの大物商品からベビーキッズ用品から小さな日用雑貨までを取りそろえた大型ショッピング施設です。

好きなものを毎日の暮らしに取り入れることで自分らしい生活を送る手助けをしてくれるお店です。

現在日本のIKEAストアは、船橋、神戸、新三郷、福岡新宮、熊本、港北(横浜市)、鶴浜(大阪市)、立川、仙台、長久手(愛知県)の10店舗があります。

どの店舗も広々とした土地に、大きな店舗と駐車場があり購入した商品を自家用車で持ち帰るシステムが主流です。

配送サービスも各店舗で受け付けています。IKEAといえば、比較的低料金で小物一点から購入できる便利さがありますが、コストカットの一つとして購入者自身が商品を自宅に持ち帰り組み立てるシステムを採用しています。

IKEAの店舗の構造は、ショールームといわれる広々とした空間に寝室や子供部屋、キッチンからお風呂まで実際に生活しているかのようなレイアウトを自身の目で見ながら、じっくりと商品を選んでいきます。

組み立てが必要な商品はレジにたどり着く手前にある、大型倉庫のように整然と積み上げられたダンボール商品の中からピックアップしていきます。

ほとんどすべての工程を自身ですることで、商品の価格を低く抑えているということになります。また、店舗内にはフードコートや託児施設(年齢等制限あり)があり、疲れた時には食事をしながらゆっくりとした買い物ができるのも嬉しい特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です